サウンドオブミュージックの裏話!

今回はサウンドオブミュージックの裏話を…

トラップ大佐の7人の子供たちは全員オーディションで選ばれたのは
前回の記事でも書きましたがそのほとんどが演技初体験の素人でした。
それであれだけの演技ができるのですからたいしたものです…

ちなみに長女リーズル役(16歳)のチャーミアン・カーは、
当時UCLAの学生で21歳だったそうです。

そんな彼女は本作品の直後に結婚・出産のためこの世界から引退…
将来を嘱望されていたようですが。
ただ、現在でもこの映画の関係でエピソードや思い出についての講演依頼が
途切れることなく続いているとか。
こんなところからも、この映画が今だにどれだけ世界中で愛されているか、
偉大かがわかりますね。。

トラップ大佐については、第一次世界大戦中に多くの戦果をあげて、
いくつかの勲章と准男爵の爵位を得ているためトラップ男爵と呼ばれることも。
実際はトラップ男爵は、軍人としての最終階級は「少佐」のため、
「トラップ少佐」が正しいそうです。
このあたりどこでねじ曲がったのか、ちょっと気になるところです…

THE MOVIE サウンドオブミュージック

今回はサウンドオブミュージックの「映画」について。
サウンドオブミュージックはもちろん元々は原作があり、ミュージカルで
ロングラン上映され、とそれまでも世には出ていましたが、なんと言っても
その名をとどろかせるきっかけとなったのは、映画版の存在です。

映画の監督は「ウェスト・サイド物語」というミュージカル映画の傑作を撮り、
オスカーを受賞した ロバート・ワイズ。
脚色はその「ウェスト・サイド物語」でもコンビを組んだアーネスト・リーマン。

キャスティングは、主役のマリアとして前年「メリー・ポピンズ」で
アカデミー賞に輝いていたジュリー・アンドリュース。
トラップ大佐役には、クリストファー・プラマー。
そしてオーディションで選ばれた7人の子役達。

撮影の舞台はザルツブルグで、その自然や街並みの美しさと数々の名曲、
魅力的な演技などが評価され、1965年に作品賞を初めとするアカデミー賞5部門に
輝きました。

公開から40年以上もたった今でも、世界中にファンを多く持つ、
まさにミュージカル映画の最高峰と言えると思います。

次回はそんなサウンドオブミュージックの裏話を…

サウンドオブミュージック ドレミの歌英語版の訳は…

前回書いた通りドレミの歌の原曲を調べてみました。
やはり、日本で良く知られている「ドはドーナツのド♪」とは似ても似つかない
歌詞でした(笑)

ちなみに日本版の歌詞というのは、ペギー葉山が作詞されたもの、とのこと。
NHKのみんなの歌で昭和62年に初めてペギー葉山の「ドレミの歌」が放送された
そうです。

では、日本版の歌詞と原曲(英語版)がどれだけ違うのか、早速ご覧ください。

(英語版)
Do-Re-Mi
Doe, a deer, a female deer
Ray, a drop of golden sun
Me, a name I call myself
Far, a long, long way to run
Sew, a needle pulling thread
La, a note to follow sew
Tea, a drink with jam and bread
That will bring us back to Doe

(日本語訳)
ドゥは 鹿、雌鹿
レイは 金色の太陽の光
ミーは 自分で自分を呼ぶときの名前
ファーは 遠い、走っていく長い道のり
ソーは 針で糸をひくこと
ラは ソに続く音符
ティは ジャムとパンに合う飲み物
そしてまたドゥに戻る

いかがでしょうか?
ペギー葉山作詞の日本語版と比べるとやはり取っ付きづらい印象はありますね。
日本語版はみんなの歌で放送ということもあって、当然かもしれませんが。

ただ、外国人の方からするとやはりこれもごく自然なんだと思います。
このあたりやはり言葉の違いが出て面白いですね。
英語版でも日本語版でも歌い比べてみてはいかがでしょう?!

サウンドオブミュージックのミュージック!

今回はサウンドオブミュージックの中でも音楽に焦点をあてて。
なにせ世界最高のミュージカル(映画)の一つ。
名曲揃いです。
ひとしきり挙げてみますと…

@サウンドオブミュージック(The Sound of Music)
Aマリア(Maria)
B自信を持って(I Have Confidence)
Cもうすぐ17才(Sixteen Going on Seventeen)
D私のお気に入り(My Favorite Things)
Eドレミの歌(Do-Re-Mi)
Fひとりぼっちの山羊飼い(The Lonely Goatherd)
Gエーデルワイス(Edelweiss)
Hさようなら、ごきげんよう(So Long, Farewell)
Iすべての山に登れ(Climb Ev'ry Mountain)
J何かよいこと(Something Good)

こんなところでしょうか…
それぞれ皆さんお気に入りの曲があると思います。
やはり多いのはエーデルワイスやドレミなのでしょうが…

これだけ曲がありますが、歌詞をしっかりとご存じの方は少ないのでは
ないでしょうか。
私もドレミの歌など日本語の「ドはドーナツのド♪」というのは知っていますが、
海外の原曲でも同じなのか?と思ってしまいました。
もちろん違うのでしょうが…
ちょっと調べてみたいと思います。

サウンドオブミュージックのさわり

というわけでサウンドオブミュージックの紹介です。
言わずと知れた普及の名作ですね。
この映画がお気に入り!という方も多いでしょうし、「やっぱりドレミの歌だね」
という方もいらっしゃると思います。

はたまた小中学校時代に見た!という方もいるのではないでしょうか。
かくいう私も中学校時代に英語だか音楽の授業で、視聴覚室という怪しい部屋で
見た(見せられた?)思い出があったりします。

有名なのはもちろん映画です。いわゆるミュージカル映画として
1965年にオスカーも受賞しています。
いまだにミュージカル映画の最高傑作の一つと呼ばれているそうです。
配給は20世紀フォックスですね。

その他にも正真正銘のミュージカル、そして映画やミュージカルの元ネタとなった
「マリア・フォン・トラップによる自叙伝「トラップ・ファミリー合唱団物語」」が
あります。

特に後者は「自叙伝」という文字の通り、実際にいたマリア・フォン・トラップという
人の人生の一部から生まれたもの。
あの映画ほど明るい雰囲気ではなかったかもしれませんが、実話に基づいたお話です。

そんなサウンドオブミュージックについてこれから紹介していければ、と思います。