サウンドオブミュージック ドレミの歌英語版の訳は…

前回書いた通りドレミの歌の原曲を調べてみました。
やはり、日本で良く知られている「ドはドーナツのド♪」とは似ても似つかない
歌詞でした(笑)

ちなみに日本版の歌詞というのは、ペギー葉山が作詞されたもの、とのこと。
NHKのみんなの歌で昭和62年に初めてペギー葉山の「ドレミの歌」が放送された
そうです。

では、日本版の歌詞と原曲(英語版)がどれだけ違うのか、早速ご覧ください。

(英語版)
Do-Re-Mi
Doe, a deer, a female deer
Ray, a drop of golden sun
Me, a name I call myself
Far, a long, long way to run
Sew, a needle pulling thread
La, a note to follow sew
Tea, a drink with jam and bread
That will bring us back to Doe

(日本語訳)
ドゥは 鹿、雌鹿
レイは 金色の太陽の光
ミーは 自分で自分を呼ぶときの名前
ファーは 遠い、走っていく長い道のり
ソーは 針で糸をひくこと
ラは ソに続く音符
ティは ジャムとパンに合う飲み物
そしてまたドゥに戻る

いかがでしょうか?
ペギー葉山作詞の日本語版と比べるとやはり取っ付きづらい印象はありますね。
日本語版はみんなの歌で放送ということもあって、当然かもしれませんが。

ただ、外国人の方からするとやはりこれもごく自然なんだと思います。
このあたりやはり言葉の違いが出て面白いですね。
英語版でも日本語版でも歌い比べてみてはいかがでしょう?!

サウンドオブミュージックのミュージック!

今回はサウンドオブミュージックの中でも音楽に焦点をあてて。
なにせ世界最高のミュージカル(映画)の一つ。
名曲揃いです。
ひとしきり挙げてみますと…

@サウンドオブミュージック(The Sound of Music)
Aマリア(Maria)
B自信を持って(I Have Confidence)
Cもうすぐ17才(Sixteen Going on Seventeen)
D私のお気に入り(My Favorite Things)
Eドレミの歌(Do-Re-Mi)
Fひとりぼっちの山羊飼い(The Lonely Goatherd)
Gエーデルワイス(Edelweiss)
Hさようなら、ごきげんよう(So Long, Farewell)
Iすべての山に登れ(Climb Ev'ry Mountain)
J何かよいこと(Something Good)

こんなところでしょうか…
それぞれ皆さんお気に入りの曲があると思います。
やはり多いのはエーデルワイスやドレミなのでしょうが…

これだけ曲がありますが、歌詞をしっかりとご存じの方は少ないのでは
ないでしょうか。
私もドレミの歌など日本語の「ドはドーナツのド♪」というのは知っていますが、
海外の原曲でも同じなのか?と思ってしまいました。
もちろん違うのでしょうが…
ちょっと調べてみたいと思います。